教育・保育指針

“あそんで そだって かがやいて”をモットーに今しか味

わえない経験を、今だからこそ味わえる体験を…、あそびを

通して子どもたちは学び、成長します。どうしても、目に見

える事柄に大人たちはとらわれがちですが、今もっとも大事

なことはどれだけ人や物、まわりの自然、環境と関わってい

く力があるか、またその関わりの中で生まれた経験や感動体

験を生きていく力に変えていくことができるかが大切ではな

いかと思います。そのような子ども像をめざし、保育者は 、

“人を育てる”“心を育てる”“命を守る”という姿勢をもっ

て、日々子どもと関わり、その中で子どもから学び、共に育

っていく“共育”を心掛けていきたいと思います。